岩盤浴やホットストーンマッサージ

岩盤浴やホットストーンマッサージ

一つのリラクゼーション方法、そしてデトックスの手段として岩盤浴やホットストーンマッサージもあります。この岩や石を使ったトリートメントにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

岩盤浴とは地熱によって岩盤表面温度が50から60度ほどに熱せられた遠赤外線放射鉱石や微弱放射線(ラジウムなど)鉱石や岩盤の上に板や敷物、タオルなどを敷いて横になり、体の中の毒素を排泄し、より体の中の代謝を高めることができる一つの施術方法になります。また熱く熱された石の効果で、体の冷えや浮腫なども解消し、血液やリンパの流れもよくなります。

 

 

 

これらの岩盤浴、ストーンマッサージの効果としては、人の体がかなり微量ですが、放射線を摂取することで新陳代謝が促進され、遠赤外線作用で、皮膚表面から体全体、より深い部分への温めができる、リラックス成分として知られているマイナスイオン作用により、自律神経のバランスを取り、血液の浄化、血行の促進、免疫力の強化、細胞の活性化などの作用があり、当然ストレスの解消、美容、若返り促進にも働きかけます。

 

 

 

ホットストーンマッサージは熱した石を体の気になる部分にタオルなどに包んで置き、とくに冷えや血行が悪くなっているところを集中ケアできるようになっています。

 

 

 

筋肉の緊張や痛みや浮腫などを減らすことができるので、疲れているときの集中ケアには最適でしょう。石が適度な熱を含み、じわじわと熱される感じは快感で、汗や老廃物も流れ出し、体を温めてくれることでしょう。