理学療法士ってどんな資格?

理学療法士ってどんな資格?

リハビリテーションを行うことができる病院に行くと、理学療法士という方がいます。専門職です。理学療法を利用し、病気やけがなどによって動きにくくなってしまった部分を回復させる、また固まらないようにする、現状より悪くならないように維持させるという治療を行います。

 

 

 

患者さん、全てにおいて、治療が異なります。一人一人の患者さんを観察し、その方に必要なリハビリを考えるというのは、なかなか大変です。手技で行うこともあれば、温熱療法や電気等を利用して行う治療もあります。

 

 

 

寝る、起きる、立つ、歩く、日常生活の基本的動作がスムーズにできるように、また、スムーズとはいかなくても、一人で出来るように、改善を試みるのが、理学療法士の仕事です。

 

 

 

病院やクリニック、また介護保険関連などの施設で活躍しています。また最近では、プロスポーツや学校等の部活などで顧問契約をし、活躍する資格者の方もいます。いずれにしても、高齢者が多い日本ではこれから需要が高くなっていく資格の一つでしょう。

 

別れさせ屋JRIはこちらです。