腰痛は放置すると悪化します

腰痛は放置すると悪化します

多くの人が、少しぐらいの腰痛なら放って置かれるのではないでしょうか。しかし、腰痛は筋肉痛などとは違います。時間が経てば治る、寝ていれば治るというようなものではありません。

 

 

 

腰痛は悪い生活習慣などによってどんどん悪化していきます。ストレスを受けると自律神経の乱れを引き起こし、血行の循環が悪くなることにより、筋肉が硬縮し、腰痛を訴えるようになることもあります。運動不足も腰痛を悪化させる原因となりあす。
エステスクール 東京

 

腰周りの筋肉を支える筋肉が衰えることによって、腰に対する負荷が増大しますし、運動不足によって血行が悪くなり、筋肉が硬縮。これが腰痛を引き起こす可能性があります。
 

 

仕事や運転などで同じ姿勢を長時間強いられることも、腰痛を悪化させる原因になります。体は痛みを感じると、交感神経が興奮しだします。そうすると筋肉と血管が収縮し、筋肉が酸素不足な状態に。
 

 

筋肉に疲労物質が溜まると、痛みが増幅していきます。これが慢性的な症状と化していきます。腰痛は放置すればするほど悪くなります。